「腎陽虚」(じんようきょ)と「腎陰虚」(じんいんきょ)

腎虚

「腎陽虚」(じんようきょ)と「腎陰虚」(じんいんきょ)

「腎」の精気である「腎気」は、さらに二つに分けられます。

「腎陽」「腎陰」です。

 

私のイメージでは、

「陽」は形の無いもの、エネルギー

「陰」は形の有るもの、物質

 

ですから、

「腎陽」は、体を温めたり、機能させたりするエネルギーのおおもと。

「腎陰」は、体をうるおわせ、栄養する物質。

 

「腎気」が充実しているだけでなく、

「腎陽」「腎陰」二つがバランスしていることも大切です。

 

「腎陽虚」と「腎陰虚」

腎陰に比べて腎陽が不足している状態を腎陽虚

*「虚」(きょ)とは衰えた状態を示します。

 

腎陽に比べて腎陰が不足している状態を「腎陰虚」といいます。

 

腎陽虚

腎陽虚は、エネルギーが不足し、

  • 足腰がだるい
  • 下半身に力がない
  • 下半身が冷える
  • 夜中にトイレに起きる
  • おしっこの出やキレが悪い

といった症状が現れやすくなります。

 

腎陰虚

腎陰虚は、うるおいや栄養が不足し、

  • のぼせやすい
  • 目が疲れやすい
  • 目がかすむ

といった症状が現れやすくなります。

 

関連記事

腎虚(じんきょ)とは

「腎陽虚」(じんようきょ)と「腎陰虚」(じんいんきょ)

「腎虚」(じんきょ)のセルフチェック

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメント

 

スポンサーリンク