瘀血(おけつ)のサイン

瘀血

体に現れた瘀血のサインに気づいていますか?

瘀血が発生している時、 あなたの身体には、 さまざまな瘀血のサインが現れています。   主な瘀血のサインは3つ 「痛む」、「しこる」、「黒ずむ」です。  

痛む

東洋医学では「不通則痛(ふつうそくつう)」という言葉があります。 通じざればすなわち痛む、 流れが滞ると、痛みの症状として現れる ということを示す言葉です。   痛む場所には瘀血が発生しているか、 他の場所で発生している瘀血がその原因になっていることが多いです。   頭痛、腹痛、胸痛や、 首、肩、腰、脚などの関節の痛みは、 瘀血のサインかもしれません。  

しこる

うっ血がしこりをもたらすことがあるので、 しこりは大きな瘀血のサインになります。   腹腔内の腫瘤(肝臓、脾臓の腫大、子宮筋腫、卵巣のう腫)や、 血腫、腫瘍、外傷性のしこりなど、 瘀血のサインになっていることが多いです。  

黒ずむ

皮膚や粘膜、血管に現れる「黒ずみ」は瘀血のサインです。   唇や舌、歯ぐき、皮膚が黒ずんでいる。 静脈や毛細血管が暗紅色をしている。 シミが増える。 こうした黒ずみが瘀血のサインになっていることも多いです。  

思い当たる瘀血のサインはないですか?

あなたも、思い当たる瘀血のサインはないですか? チェックしてみてください。      

 

参考記事

瘀血(おけつ)とは

瘀血(おけつ)のサイン

瘀血度チェック

血行を良くする漢方 | 駆瘀血(くおけつ)、活血(かっけつ)

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメント

 

スポンサーリンク